• 事業所一覧
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • ホーム
  • 取扱商品
  • 事業内容
  • ソリューション事例
  • 会社情報
  • 採用情報
ホーム > 取扱商品 > 無線LAN

無線LAN<アルバネットワークス社>

アルバネットワークス社のモビリティ・ネットワークシステムは、高品質と高い安全性を実現した無線LANソリューションです。
現場系、基幹系を問わずに、小規模ネットワークから大規模ネットワークまで、お客様のご要望に応じた無線LANシステムを構築します。
当社はアルバネットワークス株式会社の国内正規代理店です。

商品ラインナップ(一例) 

アクセスポイント:AP-325
インスタントアクセスポイント:IAP-325

IAP-325.jpg

11ac Wave2対応 屋内向け超高速アクセスポイントです。
クライアント密度が極めて高い環境で、最適な無線ネットワークを提供します。
4x4MIMOデュアルラジオ(2.4GHzと5GHz)で、1ラジオあたり最大で1.733Gbpsを実現します。
内蔵された無指向性アンテナで広範囲をカバーします。

インスタントアクセスポイントモデルの場合、コントローラなしで動作します。

アクセスポイント:AP-225
インスタントアクセスポイント:IAP-225

IAP-225.png

11ac対応 屋内向け最高性能アクセスポイントです。
クライアント密度が極めて高い環境で、最適な無線ネットワークを提供します。
3x3MIMOデュアルラジオ(2.4GHzと5GHz)で、1ラジオあたり最大で1.3Gbpsを実現します。
内蔵された無指向性アンテナで広範囲をカバーします。

インスタントアクセスポイントモデルの場合、コントローラなしで動作します。

アクセスポイント:AP-215
インスタントアクセスポイント:IAP-215

IAP-215.jpg

11ac対応 屋内向け高性能アクセスポイントです。
オフィス・病院・学校など、クライアントの密度が高い環境で小規模から中規模まで場所を選びません。
3x3MIMOデュアルラジオ(2.4GHzと5GHz)で、1ラジオあたり最大で1.3Gbpsを実現します。
内蔵された無指向性アンテナで広範囲をカバーします。

インスタントアクセスポイントモデルの場合、コントローラなしで動作します。 

アクセスポイント:AP-205
インスタントアクセスポイント:IAP-205

IAP-205.jpg

標準的な11ac対応屋内向けアクセスポイントです。
オフィス・病院・学校・倉庫など、クライアントの密度が中規模な環境に最適です。
2x2MIMOシングルラジオ(2.4GHzまたは5GHz)で、1ラジオあたり最大で867Mbpsを実現します。
内蔵された無指向性アンテナで広範囲をカバーします。

インスタントアクセスポイントモデルの場合、コントローラなしで動作します。 

アクセスポイント:AP-103
インスタントアクセスポイント:IAP-103

IAP-103.jpg

手頃な価格の11n対応屋内向けアクセスポイントです。
オフィス・病院・学校・倉庫など、クライアントの密度の低い小規模な環境に最適です。
2x2MIMOシングルラジオ(2.4GHzまたは5GHz)で、1ラジオあたり最大で300Mbpsを実現します。
内蔵された無指向性アンテナで広範囲をカバーします。

インスタントアクセスポイントモデルの場合、コントローラなしで動作します。

アクセスポイント:AP-275
インスタントアクセスポイント:IAP-275

IAP-275.jpg

11ac対応 屋外向けアクセスポイントです。
保護等級IP66/67を取得し、過酷な環境でも無線ネットワークを提供します。
3x3MIMOデュアルラジオ(2.4GHzと5GHz)で、1ラジオあたり最大で1.3Gbpsを実現します。

内蔵された無指向性アンテナで広範囲をカバーします。

インスタントアクセスポイントモデルの場合、コントローラなしで動作します。

無線LANコントローラ

Aruba7210.jpg

無線ネットワークを効率的かつ、容易に一元管理するコントローラです。
アクセスポイント、接続デバイス、ユーザ、アプリケーション、位置情報を認識し アクセスポイントの電波調整・最適化を自動的に行い、ネットワークを管理します。
ファイアウォールを搭載し、無線ネットワークの入口のセキュリティを高めます。

※インスタントアクセスポイントで構成した場合、無線LANコントローラは不要です。

ソフトウェア AirWave

ソフトウェア AirWave
AirWaveは見えない無線を見える化するネットワーク管理ソフトウェアです。
ネットワークデバイスを管理するだけではなく、ユーザ中心のアプローチを採り、誰が?いつ?どこから?どのデバイスで?ネットワークを利用しているのか、各ユーザ・デバイスがどれだけの帯域幅を消費しているのかを管理できます。ユーザ位置の特定とマッピング、履歴レポートの作成、トラブルシューティングを容易に実現します。また、マルチベンダ仕様のため、管理対象を選びません(一部対象外有)。