• 事業所一覧
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • ホーム
  • 取扱商品
  • 事業内容
  • ソリューション事例
  • 会社情報
  • 採用情報
ホーム > ソリューション事例 > 無線通信(MODBUS)による遠隔監視システム

無線通信(MODBUS)による遠隔監視システム

お客様名

ご提案アプリケーション

特徴

Modbus通信の無線化は、遠隔地(約1km)に点在している測定地点やビル・プラント内など、信号配線工事が困難な場所に有効な手法です。
周波数帯に920MHzを使用するので、2.4GHz帯より到達性が高く、430MHz特小より高速での通信が可能になるため、バランスの良い無線通信の構築を実現できます。
そのため、現場が点在している各排水ピットの異常監視や、ビル内でのフロアごとの使用電力の見える化などのアプリケーションとして、低コストでの実現に貢献します。
img_modbus01.png

効果

従来、遠隔監視機能などを後付する際には、配線工事に多大なコストが必要でした。
920MHz帯無線通信を使用することで、多大な工事費をかけることなく、高速で到達性の高い通信が、低コストで実現可能になります。さらに、横河電機株式会社製 記録計GXシリーズと、株式会社エム・システム技研製 リモートI/Oとを組み合わせることで、プログラムが不要なシステムが構築できます。

記録計に搭載されているWebサーバ機能や帳票機能を利用することで、汎用OSの制約に左右されずに長期間ご使用いただくことができ、タブレット端末なども容易に導入することが可能になります。

システム構成

無線機
無線機
横河電機製ペーパーレスレコーダ
横河電機製GX
M-SYSTEM製 リモートI/O
M-SYSTEM製 リモートI/O