• 事業所一覧
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • ホーム
  • 取扱商品
  • 事業内容
  • ソリューション事例
  • 会社情報
  • 採用情報
ホーム > WEBマガジン SHINKAWA Times > 記事 > Vol.10 No.5 2018年5月号
掲載日:2018年05月09日

Vol.10 No.5 2018年5月号

『新川ソリューションフェア 2018 in 大阪』開催迫る!!

【5月25日(金) CIVI研修センター新大阪東】

開催詳細・申込はこちら

Column

著名人や現場のエンジニアの視点から、今旬の業界・技術情報をお届けします。

vol010_no02_col12_01.jpg

 前号では POF ひずみセンサーの開発指針について述べた。要するに、安く済ませるために、光源 → 環境光で代用、受光素子 → 人間の目で代用する、という節約術についてであった。余談ではあるが、筆者は三児の母を兼業しており、このような代用や節約に関する発想は日常生活においても求められる。吸水性ポリマーで知られる紙おむつなども、飽和に近い状態と判断されても、引き続き利用させることもままある。また、前号で自然界の波長変換について紹介した。光合成細菌の.....

 

電気通信大学 大学院情報理工学研究科、情報理工学域

基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 准教授 古川 怜

vol010_no03_col05_01.jpg

 第 1 回は、バッハの作品をテーマに、大作曲家の創造する傑作は、天賦の才はもちろんのこと、その背後に類稀なる努力があり、その結果の賜物であったことについて書きました。バッハは長い生涯の中で、職を求めて転地を繰り返しました。

しかしながら、国外に出ることは一度もなく、ドイツ国内だけでの活動が中心で、当時としてもローカルな音楽家であったことを付記します。一方のヘンデル。この人はバッハとは正反対の性格だったのでしょうか、生涯の 3 分の 2 を.....

 

株式会社オーパス・スリー

代表取締役 岡本 浩和

vol010_no05_col04_01.jpg

 [水田に写り込む富士と初夏の雲]忍野と聞けば “忍野八海” … という方がほとんどではないかと思います。引き込まれそうなほど透明度の高い青く美しい池と茅葺屋根の向こうにそびえる富士の姿はどなたも良くご存じの風景。とはいえ最近は外国人観光客の急増から私は足が遠のいてますが…。忍野一帯は富士山伏流水の豊かな地域。大混雑の忍野八海から少しはなれた忍野村内野地区には見事な水田風景が広がります。忍野の田植えは 5 月 20 日過ぎ。カレンダーと天候を睨んで.....

 

青山システムコンサルティング株式会社

顧問 岡田 圭一

vol010_no05_col03_00.jpg

 [男と女、なぜ区別?]レディーファースト?

今まで生きてきた時間の半分以上をヨーロッパで過ごし、いろんな人種、いろんな職種、いろんな年齢の方とお付き合いして来ました。人種でも、職種でも、年齢でも、そんなに簡単にカテゴリー化することは不可能なのですが、今回は、現在「#Me Too」を始め、とり沙汰されている「性別における平等・不平等」というものを、いくつかの例を挙げてご紹介しましょう。男性と出かけると必ず.....

 

スペイン語通訳・翻訳家

杉田 美保子

Pickup Products

当社が取扱販売している製品の導入事例や新製品などの最新情報をお届けします。

vol010_no05_pic01_01.png

従来の無停電電源装置とは異なり、長時間バックアップを目的とした無停電電源装置を開発しました。

本装置は、最大5kVA(4kW)の高出力を備え、お客様のパソコンやサーバー、非常用コンセント(携帯電話やスマートフォンの充電など)などを数時間から数十時間バックアップ致します。

 

株式会社YAMABISHI

vol010_no05_pic02_01.png

電流センサ部のコイル線径として初の$\phi$1mmを実現し、最新のパワーデバイス用パッケージとして主流となっている面実装パッケージのリード部分での電流測定も可能としました。また、広帯域100MHzのSS-680シリーズの3機種は、従来CT(カレントトランス)でしか実現できなかった高周波領域の電流測定が可能となります。

センサ部の磁気飽和が無いロゴスキーコイル方式の特長を生かし、SiCやGaNなどの高周波化された最新パワーデバイスの電流測定に最適です。

岩崎通信機株式会社

Information

展示会、セミナー、キャンペーン情報などの最新情報をお届けします。

株式会社新興技術研究所 熊谷会長様のご好意による「生産性向上とメカトロニクス技術講座」の 41 回目、第 5 章「これから面白くなる自動化の考え方・第 4 世代のシステムへ」の 5 回目です。

当月は「フィードバックシステムの巧妙性実現からその先へ」について紹介します。

vol010_no01_info01_00.jpg

【第 41 回 概要】

5. これから面白くなる自動化の考え方・第 4 世代のシステムへ

・フィードバックシステムの巧妙性実現からその先へ

【巧妙性模倣型自動化システム開発のまとめ】長い自動化技術の歴史の中で人間の持つ巧妙性を機械で実現することは大きなテーマの一つでした。それに使うメカニズムと制御との組み合わせにより、第 1 世代から第 4 世代まであるのでこれらについて一通り解説してきました。しかしながら、...(本文冒頭抜粋)

弊社は 2017 年に創業 90 周年を迎え 2018 年は 100 周年に向けての第一歩となります。その記念すべき第一歩として新川ソリューションフェアを CIVI 研修センター新大阪東にて開催いたします。

新川ソリューションフェアが皆様のお役に立つ有意義な機会となりますよう心から願っております。

ご多忙の事とは存じますが是非ご来場頂きますようお願い申し上げます。

 開催日時  5月25日(金) 10時~18時
 会場

 CIVI研修センター新大阪東

 アクセスはこちら

 

「新川ソリューションフェア 2018 in 大阪」

ちらしのダウンロードは こちら(2177KB; PDFファイル)
申込フォームは こちら

「サウジアラビア淡水化プラント向けポンプ振動統合監視システム」受注のご紹介

vol010_no05_info03_03.jpg

海水淡水化プラント用ROポンプ

新川電機は、韓国代理店(Woojin Inc.)経由サウジアラビアの淡水化プラント向に VM-25 状態監視モニタを 80 台受注致しました。今回は VM-25 がお客様の要求仕様に最適合致していた点と、他社と同機能以上ながら低価格でポンプ振動の統合監視が可能という点が評価されました。

さらに、同韓国代理店経由で韓国発電所向け VM-25、3 台の納入が予定されています。対象は新設コンプレッサですが、既存システムへの統合監視が楽に行えると言う点を評価して頂きました。対象マシンであるコンプレッサの振動監視に仕様が合致しており、他社のモニタ類と比較しても、コストパフォーマンスが高い点が評価され受注に至りました。

新川電機では、これからも淡水化プラント及び発電プラント、地域冷暖房設備、上下水設備等の回転機械状態監視向けに、目的、規模にマッチした回転機械の振動監視技術、サービス、ソフトウエアの提供により、国内外お客様の保全ソリューションに貢献していきます。

◎『汎用回転機用監視モニタ VM-25』詳細はこちら

※このページは、一部 $\rm\LaTeX$ にて記述しています。