回路基板の熱解析に、プラント設備のメンテナンスに。キーサイトのサーモグラフィのラインナップが拡充され、従来の350℃までに加え、650℃、1200℃までの測定が可能になりました。