腐食予兆管理システム『PCM』(Predictive Condition Monitoring)は、⽯油精製、化学プラント、発電所向けのオンライン腐食モニタリングシステムで、直感的なソフトウェアと RightraxPM センサーシステムを組み合わせることにより、腐⾷による配管⾁厚の損失を監視します。
『PCM』は、板厚と温度データの収集を連続的に行い、材料内面の減肉の余寿命評価を可能にし、設備保全管理の最適化、資産のダウンタイムの削減を促進します。

特長

25.4x25.4mmの小型センサー

  • 400℃までの高温配管に対応
  • 運転中でも設置が可能(塗膜除去・表面処理のみ必要)
  • 非常に小型で2インチの配管に適用が可能で保温材下に配置可能

長距離データ送信、送信漏れを防ぐWi-fiメッシュネットワーク構造

  • 1つのモートで最大64個のセンサーを接続可能
  • 64個のセンサー×1日1回のデータ取得で5年超のバッテリー設計
  • 屋外でモート間最大400Mの通信
  • モートは中継器としての機能も有し、強固なメッシュネットワーク構造

ソフトウェア

  • 肉厚と温度を測定(温度補償)
  • 残りの資産寿命の予測
  • 現在の腐食速度を表示する
  • しきい値を超えた際の通知

用途・アプリケーション例

  • 腐⾷、侵⾷による配管内壁⾯損失の監視また、肉厚計測費用削減
  • 減⾁監視による分析を活⽤して情報に基づいた意思決定が可能
  • 腐⾷関連リスクの管理と軽減

【 実績の多いアプリケーション 】
 常圧蒸留装置、減圧蒸留装置、水素化脱硫装置、蒸気タービン系統

※ PCMデータ等のビッグデータを活用した『スーパー認定事業者』を取得した事業者様もいらっしゃいます!

スーパー認定事業者:多様化する災害、プラントの高経年化、熟練従業員の減少等に対応するため、IoT、ビッグデータの活用、高度なリスクアセスメント、第三者による保安力の評価の活用等の高度な保安の取組を行っている認定事業者を「スーパー認定事業者(特定認定事業者)」として認定し、事業者は8年以下で自由に連続運転期間を設定できる制度

お得なセットのご案内

お得な価格でPCMを使って評価することができます。
8個のLTセンサー(~200℃)、1つのモートとモートマネージャー(親機)、ラップトップPCおよびソフトウェアが付属したトライアルキットをご用意しています!