新川電機の「回転機械の振動解析・診断サービス」は、スペシャリストの知識を結集して、プラントの安全操業に貢献します。

ISO機械状態監視診断技術者(振動)によるデータ収集から解析・診断まで

プラント設備におけるトラブルの40%は、回転機械から生じる振動に起因すると言われています。たとえばトラブルに見舞われた際、振動モニタだけでは異常原因を推定できません。また、振幅監視だけでは判断できない機器異常も存在します。新川電機の「回転機械の振動解析・診断サービス」は、スペシャリストの知識を結集して、プラントの安全操業に貢献します。

ISO18436-2に基づき日本機械学会が認証する、携帯または常設センサおよび機器を用いた機械振動の測定・解析を行う技術者の資格です。この資格を持ったスペシャリストが解析・診断を行います。

振動解析・診断サービスのキーワード

  • 振動のスペシャリスト
    ISO機械状態監視診断技術者(振動)による的確な解析・診断レポートの提供
  • 簡易診断・精密診断
    異常兆候検出時には、あらゆる角度から機械の状態を把握
  • 過去データとの比較
    過去に蓄積したデータとの差異から現状の問題を分析
  • 解析データの共有
    機械の専門家との問題共有により、精度の高い解析診断を実施
  • 最新のツール
    最新の解析ツールを活用して、お客様の振動解析をサポート

サービスの特長

  • ISO機械状態監視診断技術者による的確なデータ収集と解析
  • 収集したデータは当社データベースにて蓄積・管理
  • 非同期サンプリングに加え、同期サンプリングが可能
  • 振幅値・周波数解析だけではなく、位相解析が可能
  • トレンドデータなど0.1秒間隔の高速データ収集が可能

状態監視・診断の流れ

サービス内容

弊社製振動解析システムで収集したデータ、またはお客様の収集データを活用して回転機械の状態を監視・把握します。

振動データ収集サービス

手法:既設振動計からのモニタ出力フェーズマーカによる同期サンプリング
収集装置:弊社製ポータブル振動解析システムを使用

状態監視および診断サービス

手法:簡易診断(状態監視)、精密診断
解析データ:弊社収集データまたはお客様収集データを使用

レポートサンプル

ポーラ線図、ウォーターフォール図、トレンドグラフ、オービット&波形グラフ、ボード線図など、豊富な解析グラフを活用して問題解決をサポートします。