渦電流方式の非接触変位計。センサからターゲット(導電体)までの変位を高精度に測定します。静的変位・厚み・形状測定から振動などの高速現象まで幅広いアプリケーションに最適な特注設計にも対応します。

製品概要

高い安定性。渦電流式変位センサのハイパフォーマンスモデル

独自の素材の開発を通し、卓越した高い信頼性と安定性を実現しました。生産設備の監視、製品の品質管理から実験・研究用まで、様々な用途と分野で貴重なデータを確実に提供します。

特長

  • 信頼に応える優れた温度特性
    刻々と温度が変化する過酷な現場環境でも、信頼できる安定した測定を実現。もっとも厳しい環境にさらされるセンサ部分は、厳選された素材をきめ細やかに仕上げ、厳重な品質管理によって、温度係数±0.015% of F.S./℃(典型値)と極めて低く抑えました。
    また、変換器側も検波回路に温度補償回路を内蔵して、温度係数を±0.05% of F.S./℃に抑えました。
  • 高安定を生む内部回路
    高精度かつ安定した測定に欠かせないのは、変換器内部のブリッジ回路の検出精度。VCシリーズでは、ブリッジ回路の、水晶発信器によって周波数の安定をはかり、さらに出力電圧をフィードバックするAGC回路によって検出精度を高めています。
  • 高精度なリニア出力
    検出距離に比例して、高精度にキャリブレートされたリニア信号を出力。出力信号は、変位成分、振動成分を含んだ0~5VDCなので、静的な変位測定から高速振動測定まで幅広く利用できます。
  • ニーズに応える幅広いラインアップ
    高精度かつ安定した測定に欠かせないのは、変換器内部のブリッジ回路の検出精度。VCシリーズでは、ブリッジ回路の、水晶発信器によって周波数の安定をはかり、さらに出力電圧をフィードバックするAGC回路によって検出精度を高めています。

システム構成図

アプリケーション

産業界への幅広い応用をご提案します。

渦電流式非接触 変位・振動計 VCシリーズは、静的変位から高速現象まで測定できるので、変位・厚み・形状測定や振動・偏心測定まで幅広い用途に対応できます。

回転体の振動、変位・回転数測定
管径測定・真円度測定
ロールギャップ測定による厚み測定及び制御
鋼板厚み測定・タワミ測定・幅測定及び位置決め
プレス・マシン平衝度測定・加圧制御・製品厚み制御
ロールギャップ測定
大小・寸法測定・判定
シリコンウエハの切削ブレードの変位測定
ラッピングマシンの厚さ測定
プレスマシンの下死点検出

センサ ラインアップ

VS特殊センサ

渦電流式非接触 変位・振動計 VCシリーズ用VSセンサは、卓越したハイパフォーマンスを持ち、様々な環境下で実力を発揮します。

スタンダードタイプ

水中センサ

ケーブルシールより前方は耐水構造で、水中のターゲットをしっかり測定できます。

樹脂製センサトップ

万が一、センサトップが破損しても、機械を損傷しにくい材質にしました。

ねじ部なしセンサトップ

埋め込みや接着といった固定方法で使用できます。

ケーブル横出し型

ケーブルを横に出せるので、狭いスペースに取り付けできます。

L型特殊形状

取付用ステーが付いた特殊な構造も製作可能です。