メールマガジン/WEBマガジン

新川タイムズ

2014年11月号

WEBマガジン「新川タイムズ」では、進化し続ける業界動向や技術コラムから、
最新の製品情報や展示会・キャンペーン情報までタイムリーな話題をお届けします。

インフォメーション インフォメーション

地震予知「逆ラジオ」は御嶽山噴火の予兆を捉えたか? 噴火 16 日前の異常データの事実

御嶽山(標高 3,067m)が 9 月 27 日 11 時 52 分頃に噴火しました。気象庁は、噴火を確認した後、12 時 36 分に噴火警報(火口周辺警報)を発表し、噴火警戒レベル 1(平常)から 3(入山規制)に引き上げました。
気象庁火山活動解説資料によると、9 月 10 日から 11 日にかけて、剣ヶ峰山頂付近で火山性地震が増加もしたが、その後次第に減少していたとあります。
先のコラムで紹介した自宅でできる地震予知「逆ラジオ」は、何らかの予兆を捉えていたのでしょうか。御嶽山の南西に位置する観測点は、一様に同期し反応していました。「逆ラジオ」では、広範囲に渡る一本立ち同期データは大きな地震の前兆になりますが、特徴でもある数週間に渡る山なりのデータが見当たらない不思議な同期した一本立ちでした。
今回の噴火との関連性はわかりませんが、「逆ラジオ」の会員などからの問い合わせも多いことから、9月11日前後に得られているデータを公開し考察してみます。

詳しくはこちら